康塾・東洋医学セミナーin 宮崎

康塾・東洋医学セミナーin 宮崎

6/15(木)に宮崎の川南整骨院にて東洋医学セミナーを開催致します。今回は「東洋医学で理解する臀筋と股関節・仙腸関節の理解とアプローチの仕方」と称して、身体側面を流れる少陽胆経の筋の繋がりとしての、側頭部~胸脇部~脇腹~股関節外側・仙腸関節~腸脛靭帯~腓骨筋~足の第四指の筋肉の繋がりを理解し、改善の為のアプローチを東洋医学的アプローチで学びます。

東洋医学では、筋の繋がりは縦の流れとして連結して機能しています。少陽胆経の筋は、主に交感神経の活発度が現れ、身体を脇から支え力を出すサポートの為に働いていますが、その力の入り方次第で頷や首の力み具合から股関節外側の開き方に影響がでてきます。

脳や目の疲れなどでも緊張反応が出て、臀部の緊張や食いしばりなどを引き起こす筋なので、どのような生理からこれらの反応を起こすかを理解する事でクライアントの状態把握が的確にできるようになります。

腸脛靭帯や腓骨筋や臀部の筋の機能を理解する上でも、この少陽経の経筋を学ぶと状態把握に繋がります。この筋の機能は様々な生理機能と関係してきますので、経絡や経筋としての機能と反応ポイントと身体の使い方をしっかり理解する事は治療家・セラピスト・ボディーワーカーにはとても必要な事と考えます。

その上で、少陽経筋としての臀部や脇腹の筋や食いしばりなどを改善する為の経絡やツボの使い方を実技で行います。最小限の力で最大の効果を発揮する為のヒントになる実技ですので、一生懸命背中をマッサージする施術を卒業したいかたも是非ご参加ください。

今までの知識にプラスアルファの視点を加え、幅広い身体の理解をする為の東洋医学セミナーです。

トレーナーや整体をやる方には是非知って頂きたい内容です。
 
東洋医学は鍼灸師だけのものではありません。
接骨院や整体院・カイロで働き治療家からアロマやリンパなどのセラピスト、更にはヨガやピラティスなどエクササイズの先生向けに、身体の理解の幅を広げる為にも是非知って活用して頂きたいのが東洋医学です。
 
 

”東洋医学セミナーin宮崎”

 

日程:6/15(木)13半~17時半頃(大体4時間)
場所:川南整骨院

   児湯郡川南町大字川南13593-1 Aコープ JAO内
   http://www.shirouzu-sport.net/

参加費:15000円(経絡や臓腑の解説資料付き)

 
当日は筆記用具とマッサージなど受け易い服装をご準備ください。
 
ご参加の方は"6/15 参加希望”と明記の上、以下のどちらかのメールお申し込みください。
 
info@shirouzu-sport.net(川南整骨院宛)
303@yasuhari.com (講師・鈴木宛)